教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
戦国時代のサイン
只今、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」が絶賛放送中です。
私は今回の大河ドラマが大好きで、毎週楽しみに見ております。
小さな国の城主である直虎の奮闘、そしてそれを支える家臣たちの姿に、毎週心打たれているのです。
そのドラマの中で、必ずと言っていいほど、書状が出てきます。
御下知(命令の文)であったり、内通の文であったり、交流の手紙であったり、形は様々ですが、手書きの文というのは、当時欠かせない情報伝達手段だということが分かります。

ということで、今回はこちらの展示を見に行ってまいりました。
b0141827_15233275.jpg

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」
戦国!井伊直虎から直政へ



井伊家に関する展示はもちろんのこと、今川・徳川など、井伊家ゆかりの大名に関する展示も豊富でした。
展示の中には、様々な書状がありましたが、特に目を惹かれたのは、最後に書かれている花押です。
この人はこんなサインだったのか…
それぞれの個性ある花押を比べ、楽しみました。
さて、本題に。今回の展示の主人公は井伊直虎です。
実在していたことは確かですが、資料は多くは残っていません。
そんな直虎の唯一の書状が今回の目玉でした。
「直虎」
と軽快な筆運びで書かれた花押に、感動いたしました。
井伊直虎は本当に存在していたんだ。
そんな実感を得ることができました。

書状は、芸術目的で書かれたわけではありません。でも、戦国時代の武士たちの生の姿を味わうことができます。
是非展示に行ってみてはいかがでしょうか。
そして、NHKの「おんな城主直虎」は今、佳境に入っているところです。おすすめです……!


戦国!井伊直虎から直政へ
会期:2017年7月4日〜8月6日
会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室 (東京都墨田区横網1-4-1)
・JR 総武線「両国」駅西口、徒歩3分
・都営地下鉄大江戸線「両国(江戸東京博物館前)」駅A3・A4出口、徒歩1分
・都バス:錦27 ・両28 ・門33系統「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車、徒歩3分
・墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん (南部ルート) 」
 「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車、徒歩3分

電話番号:03-3626-9974(代表)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分
(土曜日は午後7時30分まで、7月21日(金)、28日(金)、8月4日(金)は午後9時まで開館)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料:一般1350円
    大学・専門学生1080円
    高校生・65歳以上680円


[PR]
by sho-editor | 2017-07-31 16:13
雲の表情
こんにちは。
最近は晴れる日も続き、青空に浮かぶ雲が爽やかさを運んでくれますね。
この季節は、入道雲を見ることができたり、空一面の黒い雲を見て気分がどんよりしたり……
実に様々な雲の表情を見ることができます。
そんな雲ですが、実は、空以外にも見ることができます。
先日、五島美術館にて美しい雲を見てまいりました。

b0141827_13281530.jpg




















かなの名品をいくつも所蔵している五島美術館ですが、今回の展示は「料紙」にスポットを当てています。
私が見てきた雲は……、そうです、「雲紙」「飛雲」です!
紙の中に浮かぶ雲は、自然の雲さながらです。
ふわふわと浮かぶような、それでいて儚さもあり……
かと思えば大胆な雲もあったりで、いくら見ても飽きません。
当時の人々が、いかに空を眺め、雲を愛でていたかがわかるような心地がいたしました。
時代によって雲紙や飛雲にも違いがあるようなので、是非見比べてみてはいかがでしょうか。

もちろん、雲紙や飛雲以外にも多様な料紙が展示されています。
自然なものから豪華なものまで、日本の美を感じに是非お出かけください。


五島美術館
「料紙のよそおい」
期間:2017年6月24日〜7月30日
住所:〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25
   上野毛駅 徒歩5分
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)/03-3703-0661(テープ案内)
入館料:一般1,000円/高・大学生700円/中学生以下無料
    ・団体20名以上1人800円
    ・障害者手帳をお持ちの方、ならびに介助者の方1名は200円引
    ・入園のみ(展覧会をご覧にならない場合)は1人300円(中学生以下無料)

[PR]
by sho-editor | 2017-07-14 14:32