教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
祈りの痕跡
b0141827_14192180.jpg???
わかる…、ような、わからない、ような…。
む、むむむ…。
ん、なるほど。
うわ。
へぇぇ…………。
なんじゃこりゃ。
ほほぉ…。

「祈りの痕跡」展、の感想です。
ひどい感想ですね、全く。
それほどに、私にとっては、???モヤモヤもやもやとした展覧会でした。
普段は会場の解説パネルってものをあまり読まないのですが、今回は読みました。
でも、ダメでした。わかんないです。
書家は、土橋靖子先生お一人のご出品です。
土橋先生の作品の前でだけ、なぜだかホッとしました。

人と痕跡、文字。
文字の無い時代に生まれた人々が、痕跡から文字を生み出す過程には、徐々にではあるにしろ想像を絶する創造の力が働いていて、それが現代にまで残り使われ続けている「漢字」というのは、誕生した当初から第一級の客観性と普遍性を持っていたということが言えるわけで。
現代人は、すでに文字の有る世界に生まれた人々。
私たち現代人が、原始の人々の創造力に追いつくのは、いつなのでしょうかね。

祈りの痕跡 地球文字探検家 浅葉克己ディレクション
2008/7/19(土)~9/23(火・祝)
休館日 火曜日(9月23日は開館)
11:00~20:00(入場は19:30まで)
会場 21_21 DESIGN SIGHT(六本木 東京ミッドタウン内)
〒153-0041 東京都港区赤坂9-7-6
TEL 03-3475-2121
入場料:一般1,000円 大学生800円 中高生500円、小学生以下無料
[PR]
by sho-editor | 2008-07-31 15:05 | 展覧会
<< 風信帖が 蟹工船・芥川龍之介の遺書… >>