教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
日本近代文学館へ
先日ご案内いたしました「生きた、書いた女性文学者の手紙展」を見に、日本近代文学館へ行ってきました。
b0141827_13581727.jpg日本近代文学館は、目黒区の駒場公園内にあります。駒場公園は、その昔、旧加賀百万石の16代当主・前田利為侯爵の邸宅でした。
園内にはケヤキやクス、カシなどの大木が茂り、ひっそりと静かで、時おり野鳥がさえずり、都会の癒しスポットといった趣きです。
砂利の敷き詰められた園内を、文学館に向って歩いていると、足下を何かがにょろっと横切りました。「オオーーっ蛇???」一瞬ヒヤッとしましたが、都会の癒しスポットにそんな大物いるはずもなく、砂利の間で縦ジマの小さな小さなトカゲが震えておりました(たぶん)。



さらにずんずん奥へ進むと、昭和の香り漂う文学館の姿が見えてきました。
b0141827_14223021.jpg

受付で観覧料200円を払い、2階の展示室に上がると、静まり返った室内にはたくさんの原稿や書簡が陳列されておりました。
女性は家事に従事し、夫に従属して生きるのが当たり前だった時代に、文学での自己表現を貫くため、社会に挑戦した女性たち。
その女性たちと、夏目漱石や佐佐木信綱、高見順、大岡昇平などとの、美しい毛筆やペン字の往復書簡。
巨匠の叱咤激励が、彼女らが書き続けるためのモチベーションの一つだったんだろうなぁなどと思いつつ、やっぱり人間は誉められると伸びる生き物なのだということを実感しました。
恥ずかしながら、展覧会の主旨とは全く関係ない感想です。
『翡翠(かわせみ)』の作者片山廣子氏の毛筆書簡、夏目漱石同様達筆で、大変印象に残りました。
癒しを求め、駒場公園&日本近代文学館にぜひおでかけください。
[PR]
by sho-editor | 2008-06-27 15:17 | 展覧会
<< 迫ってきました 上野の美術館 >>