教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雲の表情
こんにちは。
最近は晴れる日も続き、青空に浮かぶ雲が爽やかさを運んでくれますね。
この季節は、入道雲を見ることができたり、空一面の黒い雲を見て気分がどんよりしたり……
実に様々な雲の表情を見ることができます。
そんな雲ですが、実は、空以外にも見ることができます。
先日、五島美術館にて美しい雲を見てまいりました。

b0141827_13281530.jpg




















かなの名品をいくつも所蔵している五島美術館ですが、今回の展示は「料紙」にスポットを当てています。
私が見てきた雲は……、そうです、「雲紙」「飛雲」です!
紙の中に浮かぶ雲は、自然の雲さながらです。
ふわふわと浮かぶような、それでいて儚さもあり……
かと思えば大胆な雲もあったりで、いくら見ても飽きません。
当時の人々が、いかに空を眺め、雲を愛でていたかがわかるような心地がいたしました。
時代によって雲紙や飛雲にも違いがあるようなので、是非見比べてみてはいかがでしょうか。

もちろん、雲紙や飛雲以外にも多様な料紙が展示されています。
自然なものから豪華なものまで、日本の美を感じに是非お出かけください。


五島美術館
「料紙のよそおい」
期間:2017年6月24日〜7月30日
住所:〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25
   上野毛駅 徒歩5分
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)/03-3703-0661(テープ案内)
入館料:一般1,000円/高・大学生700円/中学生以下無料
    ・団体20名以上1人800円
    ・障害者手帳をお持ちの方、ならびに介助者の方1名は200円引
    ・入園のみ(展覧会をご覧にならない場合)は1人300円(中学生以下無料)

[PR]
by sho-editor | 2017-07-14 14:32
<< 戦国時代のサイン 顔真卿の迫力 >>