教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おとっとき
「おとっときを教えてあげましょう。」

おとっとき???

これ、師匠がおっしゃったことばなのですが、方言?



のようですね。
かわいらしいことばだったんで、気になってしまいました。

ヒサビサの更新なのに、書とは関係ないお話で失礼しました。
[PR]
# by sho-editor | 2011-09-05 10:45 | 日々のこと
「昭和・平成、書の伝承。」大東文化大学書の歴史展
b0141827_1541854.jpg本日より6日(土)までのわずか3日間ですが、青山のスパイラルにて、青山杉雨先生をはじめとする大東文化大学で教鞭をとられた書家の方々の作品を集めた展覧会が開催されています。
高く広い吹抜けが明るく、白を基調にしたスタイリッシュな空間に、昭和の巨匠から現教授の先生方の作品までがおしゃれに展示されています。

b0141827_15442633.jpg







撮った写真を見てビックリ!
田中節山先生、新井光風先生、野口白汀先生の御作品、

宙に浮いてる???



気になる方は、ぜひ青山のスパイラルへ。

月刊「大東書道」誌五〇〇号刊行記念企画
昭和・平成、書の伝承。
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F) 東京都港区南青山5-6-23
会期:2011/8/4(木)〜6(土)
開場時間 11:00〜20:00(6日は18:00まで)

[問い合せ先]
大東文化大学書道研究所
東京都板橋区高島平1-9-1
TEL.03-5399-7345/FAX.03-5399-7346
[PR]
# by sho-editor | 2011-08-04 15:52 | 展覧会
「空海と密教美術」展 東京国立博物館平成館
b0141827_10471696.gifいよいよ始まりましたね、「空海と密教美術」展。
空海が唐から請来したものや、自筆の書、空海が指導して造った仏像など、空海ゆかりの真言密教の名品の数々が展示されているそうです。
書は、「聾瞽指帰」(国宝)、「灌頂歴名」(国宝)、「風信帖」(国宝)が揃い、各巻とも、巻首から巻尾まで全て展示されるそうです。こんな機会、滅多にありませんね。ただ、大切な国宝ですので、展示期間が限られています。見逃さないよう、期日を確認してからお出かけください。

国宝 聾瞽指帰
展示期間:上巻 2011年7月20日(水)~8月21日(日)、下巻 8月23日(火)~9月25日(日)

国宝 灌頂歴名 
展示期間:2011年7月20日(水)~8月21日(日)

国宝 風信帖
展示期間:2011年8月23日(火)~9月25日(日)

空海と密教美術展
東京国立博物館 平成館
2011/7/20(水)~2011/9/25(日)
開館時間 9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
     (金曜日は午後8時まで、土・日・祝日は午後6時まで開館)
     ※開館時間については、変更の可能性もあります。
休館日  月曜日(ただし8月15日、9月19日は開館)
入館料 一般1500円 大学生1200円 高校生900円
〒110-8712 
東京都台東区上野公園13-9 
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
[PR]
# by sho-editor | 2011-07-20 11:20 | 展覧会
古筆切展 根津美術館
b0141827_162348.jpg7月13日(水)より、青山の根津美術館で、「古筆切」展が始まります。
会期中の7月23日(土)には、「古筆はなぜ切られたか?」という興味深い講演会もあるようです。
「古筆切」と題した理由を知る為には、もう見て聴くしかないですね。











古筆切 ーともに楽しむためにー
2011/7/13(水)〜8/14(日)
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日 ※ただし7月18日は開館、翌19日閉館
観覧料  一般1000円 学生800円 ※中学生以下は無料

根津美術館
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
Tel. 03-3400-2536
Fax.03-3400-2436
[PR]
# by sho-editor | 2011-07-05 16:41 | 展覧会
本社移転のお知らせ
日頃は格別のご高配を賜り、誠に有り難うございます。
弊社は、2011年7月11日(月)をもって下記に移転し、業務を行うこととなりました。
移転に際し、何かとご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、これを機により一層サービスの向上に努めてまいります。
今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

      移転先(2011年7月11日より)
      〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3−3−2 マツシタビル4F
               TEL. 03-3233-9100(代表)
               FAX.03-3233-9104
[PR]
# by sho-editor | 2011-07-01 11:49 | 日々のこと