教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
呉昌碩の書・画・印展 続編
b0141827_1623638.jpg東京国立博物館平成館平成館企画展示室で開催されている「呉昌碩の書・画・印」展、見に行ってきました。
展示点数はそれほど多くないので、台東区立書道博物館も併せて鑑賞した方がよさそうです。近日中に書博へも行ってきたいと思います。
[PR]
by sho-editor | 2011-09-26 16:06 | 展覧会
「呉昌碩の書・画・印」展
b0141827_10143022.jpg本日より、「呉昌碩の書・画・印」展が、東京国立博物館・台東区立書道博物館の両館にて始まりました。
楽しみにしておられた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。実は私もその一人です。
会期を前期(9月13日(火)~10月10日(月・祝))と後期(10月12日(水)~ 11月 6(日))の二期に分け、両館の所蔵品他、京都国立博物館、台東区立朝倉彫塑館、個人コレクションがたっぷり展示されるそうです。
呉昌碩が自らの方向を模索していた40代から、円熟した境地を示す最晩年までの作風の変遷を概観する絶好のチャンスです。
呉昌碩の魅力を、どうぞお楽しみください。

「呉昌碩の書・画・印」展 
2011年9月13日(火) ~2011年11月6日(日)
前期:9月13日(火)~10月10日(月・祝)
後期:10月12日(水)~ 11月6日(日)

東京国立博物館 平成館企画展示室
展示品リスト 
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3204

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで) 
 2011年7月から12月までの特別展開催期間中の毎週金曜日は20:00まで開館。
 2011年5月から9月までの土曜、日曜、祝日、休日は18:00まで開館。
休館日:月曜日(祝日と重なる場合は翌日)
 ※9月20日(火)は開館。
 ※休館日、開館時間、開館場所について予告なく変更されることがあるそうです。お確かめ
 の上お出かけください。
入館料:一般600円 大学生400円 高校生以下無料
〒110-8712 
東京都台東区上野公園13-9 
TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

台東区立書道博物館
展示品リスト 
http://www.taitocity.net/taito/shodou/shodou_news/shodou_news20110913.html

開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで) 
休館日:月曜日(祝日と重なる場合は翌日)
入館料:一般500円 小・中・高校生250円
〒110-0003 
東京都台東区根岸2-10-4
TEL.03-3872-2645
[PR]
by sho-editor | 2011-09-13 10:55 | 展覧会
NHK高校講座
NHK高校講座「書道Ⅰ」が、6月より放映されています(汗)。
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/art/
Eテレ(教育テレビ)で、毎週月曜日の午後2時〜2時20分です。
ちなみに来週の放送は、9月19日(月祝)敬老の日の午後2時〜2時20分です。
「篆書と篆刻〜書を刻む〜」と題し、大東文化大学の河野隆教授がご出演のようです。
篆書・篆刻にご興味のある方、ぜひご覧ください。
[PR]
by sho-editor | 2011-09-12 15:49 | 書教育
おとっとき
「おとっときを教えてあげましょう。」

おとっとき???

これ、師匠がおっしゃったことばなのですが、方言?



のようですね。
かわいらしいことばだったんで、気になってしまいました。

ヒサビサの更新なのに、書とは関係ないお話で失礼しました。
[PR]
by sho-editor | 2011-09-05 10:45 | 日々のこと