教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
開館50周年記念名品展Ⅱ「書跡の美」展 ―古写経・古筆・墨跡ー
b0141827_105088.jpg皆さんは、日本の書跡というとどんなものを思い浮かべますか?

高校の書道の教科書では、
写経、三筆・三蹟の書、古筆、物語絵巻詞書など、奈良時代以前のものから現代の書まで、実に幅広い日本の書跡を学習します。
現在五島美術館では、古代の祈りを力強い文字に込めた奈良・平安時代の「古写経」、日本の心〈やまとうた〉を伝える平安時代の「古筆」、中世の到来を告げる鎌倉・室町時代と中国宋・元時代の禅宗僧侶の書「墨跡」を展観しています。
これは、教科書掲載の日本の書跡が一堂に会した展覧会といっても過言ではないと思います。

この機会に、手書きの「文字」の美しさ、力強さを五島美術館で再認識してみませんか?

開館50周年記念名品展Ⅱ「書跡の美」展
五島美術館
2010/5/15(土)~6/20(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで) 
休館日 毎月曜日
観覧料 一般700円 高・大学生500円 中学生以下無料

■ギャラリートーク
[古筆編]6月13日(日)
各日午後2時~3時頃(開場・受付は午後1時30分)
於五島美術館別館講堂 当日入館者聴講自由(椅子席100名先着順)

■こども美術講座「書の鑑賞」
6月6日(日)午後2時~3時頃(開場・受付は午後1時30分)
於五島美術館別館講堂 当日入館者聴講自由(椅子席100名先着順)
*小・中学生の方を対象に「書跡」の世界を、スライドをまじえて紹介。一般・高・大学生の方も聴講可能(但し、当日の入館料が必要)。

〒158-8510
東京都世田谷区上野毛3-9-25
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)/03-3703-0661(テープ案内)
東急大井町線 上野毛(かみのげ)駅下車 徒歩5分
[PR]
by sho-editor | 2010-05-21 10:31 | 展覧会
文科省のYou Tube
和紙の素材をつくる~奈良吉野の紙漉き職人~
http://www.youtube.com/watch?v=vrY_JdPL9jc

当社にも「文房四宝」のビデオ&DVD教材はありますが、
このYou Tubeの動画も、大変丁寧に作られていてわかりやすいです。
ぜひ一度ご覧ください。
先生方、授業でパソコンを活用できる環境でしたら、
ぜひ生徒さんたちに見せてあげてください。
[PR]
by sho-editor | 2010-05-19 09:43 | 書教育
デジタルフォントの原字展
活字やフォントについて知りたくてあちこちのサイトを覗いているうちに辿り着きました。

「デジタルフォントの原字」展

原字?
ドットの集まりであるデジタルフォントより、金属活字の方が何倍も好きな私ですが、
「原字」と聞いて思わず「なになに?」と。

秘蔵物ですよね、手書きの「原字」って。
見てみたいです。

・有限会社字游工房
・カタオカデザインワークス
・株式会社イワタ
・ダイナコムウェア株式会社
・佐藤タイポグラフィ研究所

以上の会社が制作した書体の中から、いくつかの原字が展示されるようです。

デジタルの元も、結局は人間の手から生まれる。
なんか妙ですね。

展覧会、少し先です。
忘れないようにしなければ。。。
皆さんもぜひ。

「デジタルフォントの原字」展
人形町Visnion's ▶map

2010/6/7(月)~19(土)
12:00〜19:00(最終日17:00まで)
日曜休廊

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-2-9 ASビル1F
TEL&FAX 03-3808-1873
[PR]
by sho-editor | 2010-05-10 17:50 | 展覧会