教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
上野界隈へ
b0141827_15293859.jpg本日ようやく「冷泉家 王朝の和歌守」展(前期)を見に行くことができました。
行ったのは、午前10時半頃だったのですが、会場はすでに人人人。
音声ガイドを聞きながらのお客さんで、入口付近は大渋滞。
仕方なく、最初の部屋の半分ほどをやり過ごし、途中から鑑賞しました。








展示室の構成は以下のとおりです。

第1章:家祖 文学史に輝くスターたち
第2章:明月記 定家の自筆の日記 800年前の息づかい
第3章:勅撰集 宮廷文化の精華 最高水準の和歌が集結
第4章:私家集 「歌の家」の必須資料
第5章:歌書と物語 貴族の教養 第一は歌の心得
第6章:宮廷と宸翰 極彩華麗な宮廷の香り

それにしても、すごい典籍の量ですねぇ…。
前期展ということは、まだ半分しか展示されていないんですよね。
ほとんどが、豪華できらびやかな料紙に書かれていない!
そこがいいんですよね。。。
美しいです、茶色い斐紙(雁皮)に書かれたその景色が。

「写し、伝える。」
こんな地道な作業を代々請負ってこられた冷泉家の方々こそ、
日本文化の真の担い手ですね。
前期展は、23日(月・祝)までです。
後期展は、25日(水)からです。
24日(火)は休館日です。
皆さんもぜひ、この連休は上野界隈へ。

冷泉家 王朝の和歌守展
東京都美術館

前期:2009/10/24(土)~11/23(月・祝)
後期:2009/11/25(水)~12/20(日)
※前期・後期で全作品を入れ替えます。
9:00~17:00(入室は16:30まで) 
休室日 毎週月曜日(ただし11月23日は開室、11月24日は閉室)。
観覧料 一般1400円 学生1200円 高校生650円 65歳以上700円 
※中学生以下は無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方(1名まで)は無料。
※毎月第3水曜日はシルバーデーとし、65歳以上の方は無料。
※毎月第3土、日曜日は親子ふれあいデーとし、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)は一般当日料金の半額 *いずれも証明できるものをご持参ください。

〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
TEL03-3823-6921
FAX03-3823-6920

東京都内の学校の先生方へ
この展覧会は、以下の特典があります。ぜひご活用ください!
※都内の小学校・中学校・高等学校の生徒及びこれらに準ずる者並びにこれらの引率者が、教育課程に基づく教育活動として鑑賞する時は無料。(鑑賞予定日の10日前までに所定の用紙にて申込の上、当館からの事前承認が必要。)
[PR]
by sho-editor | 2009-11-20 16:21 | 展覧会