教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
趙之謙とその時代 ─趙之謙生誕180年記念展─
b0141827_14331296.jpg己丑(つちのとうし)の年生まれの趙之謙の、干支3巡目にあたる今年、その大回顧展が、東京国立博物館と台東区立書道博物館との連携企画第7弾として開催されます。
東博では、趙之謙の書風の変化を示す代表作を、一方書博では、趙之謙が学んだ古典の拓本とその臨書とを並べて展示するそうで、趙之謙の作品に焦点をあてながら清時代の後半を飾る碑学派の歴史を窺うというのがその主旨だそうです。
今なお多くの人々を魅了しつづける趙之謙の書・画・篆刻作品が上野に集結します。皆さんこれを見逃す手はありません。
皆さんぜひお出かけください。
なお、両博物館では、「書を楽しむ・書に親しむイベント」として、列品解説、ギャラリートーク、ワークショップなどが開催されます。

●東京国立博物館 月例講演会「趙之謙とその時代」
日時:9 月5 日(土)13:30~15:00(開場13:00)
東京国立博物館調査研究課長 富田淳
台東区立書道博物館主任研究員 鍋島稲子
会場:東京国立博物館 平成館大講堂
定員:380 名(当日先着順)
※事前申込不要。聴講無料。ただし当日の観覧料が必要です。

●東京国立博物館列品解説
日時:8 月25 日(火) 14:00~
東京国立博物館調査研究課長 富田淳
会場:東京国立博物館 平成館企画展示室
※事前申込不要、聴講無料。ただし当日の観覧料が必要です。

●台東区立書道博物館ギャラリートーク
日時:①8 月25 日(火) 11:00~ ②9 月12 日(土) 11:00~ 14:00~
会場:台東区立書道博物館 展示室
※会場が手狭なため、事前申込制で各回20 名。
往復はがきの「往信用裏面」に、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢、希望日時を、「返信用表面」に郵便番号、住所、氏名を明記して下記までお申込下さい。聴講無料。ただし当日の観覧料が必要です。
申込先:〒110‐0003 台東区根岸2-10‐4 台東区立書道博物館 ギャラリートーク係まで
締切:①8 月15 日(土)、②9 月2 日(水)必着

●キッズセミナー「探してみよう」 小・中学生対象のギャラリートークです。
日時:8 月22 日(土)、9 月19 日(土)各回とも11:00~
会場:台東区立書道博物館
※聴講無料。ただし当日の観覧料が必要です。

●ワークショップ「拓本に挑戦!」「うちわに文字を書こう」
日時:8 月22 日(土)、23 日(日)、9 月6 日(日)、19 日(土)いずれも開館時間中随時
会場:台東区立書道博物館
※参加費無料。ただし当日の観覧料が必要です。

詳細は各館へお問い合わせください。

趙之謙とその時代 ─趙之謙生誕180年記念展─
東京国立博物館 平成館企画展示室
前期:2009/8/4(火)~30(日)
後期:2009/9/1(火)~27(日)
※会期中展示替えあり
9:30~17:00(入館は16:30まで) ※ただし9/4までの毎週金曜日は20:00 まで開館。土曜、日曜、祝日、振替休日は18:00 まで開館。
休館日 月曜日(ただし8/10、9/21は開館)、9/24(木)
入館料 一般600(500)円 大学生400(300)円 ※( ) 内は20名以上の団体料金。9/21(月・祝)敬老の日は無料観覧日。
※高校生以下と満70歳以上、障害者とその介護者1 名は無料。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)を要提示。
〒110-8712 
東京都台東区上野公園13-9
TEL 03-3822-1111(代表)
利用案内や展示・催しに関する問い合わせは
ハローダイヤル03-5777-8600へ


台東区立書道博物館
2009/8/4(火)~9/27(日) ※会期中展示替えあり
9:30~16:30(入館は16:00まで) 
休館日 月曜日(ただし9/21は開館)、9/24(木)
入館料 一般・大学生500(300)円 高・中・小学生 250 円(150 円)※( ) 内は20名以上の団体料金。
〒110-0003
東京都台東区根岸2-10-4
TEL03(3872)2645

※会期中、東京国立博物館で台東区立書道博物館の、台東区立書道博物館で東京国立博物館の観覧券の半券を提示になると、それぞれ団体割引料金で観覧できます(各種割引の併用はできません)。
[PR]
by sho-editor | 2009-07-24 15:14 | 展覧会
祝初日 「松丸東魚の全貌」展
b0141827_1339264.jpg本日8日午後1時より、
待望の「松丸東魚の全貌」展が始まります。
皆様ぜひとも六本木の国立新美術館へ足をお運びください。

す、すごい作品数 です。

タイトルどおり、まさに「全貌」展です。
とても1日では鑑賞しきれません。
覚悟してお出かけください。






篆刻家 松丸東魚の全貌 -捜秦摹漢の生涯-
国立新美術館
2009/7/8(水)~8/2(日)
10:00~18:00(火曜日休館 毎週水曜日は13:00開場 入場は17:30まで) 
入場料 一般700円、大学生400円。高校生以下無料。 
 ※毎日書道展入場券で参観できます。
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
[PR]
by sho-editor | 2009-07-08 13:48 | 展覧会