教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
新学習指導要領改訂案が公表されました。
久しぶりの更新です。
昨日早朝、文部科学省より待望の「高等学校学習指導要領(改訂案)」が公表となりました。
2008年1月17日の中央教育審議会答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について」をすでに読んでいるので、昨日の発表内容に大きな違和感は感じませんでしたが、?と感じる部分が無かったわけではないので、それを紹介させていただきます。

「高等学校学習指導要領改訂案の主なポイント」の中の「3.教育内容の主な改善事項 」で、「○伝統や文化に関する教育の充実」という項目があり、その具体内容に「・古典(国語)、武道(保健体育)、伝統音楽(芸術「音楽」)、美術文化(芸術「美術」)、衣食住の歴史や文化(家庭)に関する学習を充実」とあります。
「伝統音楽、美術文化」とあるのに、なぜここに「書道」が含まれないのでしょうか…。
書道は「伝統」でも「文化」でもないということなのでしょうか…。
教科書の記述と矛盾してしまいます。
大変疑問です。
「中央教育審議会答申」を読んでいた時には、当然この項に「書道」が含まれるものだと思っていました。
芸術科目は「音楽、美術、工芸、書道」の4科目です。そのうちの音楽と美術は「伝統」と「文化」というお墨付きをもらえて、「工芸」と「書道」がもらえないというのはなぜなんでしょうか…。
私にはさっぱり理由がわかりません。
今回の改訂案及び実施のスケジュール(案)について、来年1月21日までパブリックコメントが実施されています。
今一度じっくりこの改訂案を読み、それでもこの疑問が解消されない場合は、何がしかのコメントを文部科学省へ発信したいと思います。
皆さんもぜひこの改訂案に目を通してみてください。
平成25年度から学年進行で実施される学習指導要領です。
5年後10年後の書道教育を左右する大きな問題です。
ぜひよろしくお願いします。

高等学校学習指導要領(改訂案)
文部科学省ホームページ「新しい学習指導要領」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

改訂案及び実施のスケジュール(案)についての意見公募手続(パブリックコメント)
(12月23日から来年1月21日まで)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
[PR]
by sho-editor | 2008-12-24 13:17 | 書教育
鑑定結果
皆さん、昨晩の「開運なんでも鑑定団」、ご覧になられましたでしょうか?
私は、雨の降る中家路を急ぎ、何とか間に合いました。
晋鴎さん、元気な方でしたね。
12年前、鎌倉散策途中にたまたま入った骨董店で
山田正平先生が刻した赤羽雲庭先生の依頼印、
それも「田黄」を見つけるなんて、奇跡ですよね。
願っても、そんなチャンス、あるとは思えません。
で、注目の鑑定結果ですが、
な、なんと、

500萬円。

びっくりですね。
でも、それだけの価値は十分にある品だと、私も思います。
田舎の骨董屋さんなんかには、
もしかしたらこんなお宝が、店の片隅にひっそり飾られてたりするんでしょうかね。
旅に出てみようかしら…。
[PR]
by sho-editor | 2008-12-10 13:29 | 日々のこと
開運なんでも鑑定団
久しぶりの更新になりました。
いろいろとネタを探していたのですが、なかなかこれはと思うものがありませんで…。
さて、明日の「開運なんでも鑑定団」(テレビ東京 火曜 午後8時54分〜)に、
印材の王様「田黄」が出るという噂を耳にしました。
出品者は晋鴎さんという中国の方で、西レイ印社の社員でいらっしゃいます。
印面は、山田正平先生の刻です。
これだけでも十分価値があると思います。
実はこの印、私の所属する団体「扶桑印社」の
第6回展(2006年4月25〜30日 東京セントラル美術館)で、
「現代篆刻を開いた四名家」と題し特別陳列された100顆の中にあったものだそうです。
「こんなすごい印、いったいいくらの値がついてるんだろうね。」と皆で話したのを覚えています。
その時聞いた金額は、目が飛び出るようなものでしたが…。
明日の鑑定団では果たしていくらと鑑定結果が出るのでしょうか。
個人的にも、大変楽しみです。
興味があったら、ぜひ明日の「開運なんでも鑑定団」をご覧ください。

「開運なんでも鑑定団」
テレビ東京 火曜 午後8時54分〜
[PR]
by sho-editor | 2008-12-08 17:22 | 日々のこと