教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
楷書前後出師表巻
ここのところ、本についての書き込みが続きましたので、久々に本来の目的である書についてお話したいと思います。
現在、東京国立博物館東洋館では、「中国書画精華」と題して、唐・宋・元・明・清の歴代書画名品を特集陳列しています。
その中に、当社の「書Ⅰ」教科書に掲載されている「楷書前後出師表巻(祝允明書)」があります。
祝允明55歳の作で、彼の代表作の一つです。
高等学校の書道では、半紙に2〜6文字という拡大臨書の他に、小筆を使用して書く実用書も学習します。
特に、書道Ⅰの教科書の楷書領域の中では、その実用書への応用をねらって「細楷(小楷ともいいます)」と呼ばれる古典を学習します。
私が高校生の頃は(随分昔ですが…)、細楷というと、墓誌銘や般若心経のような古典を学習したように記憶していますが、最近はそういうものを題材として選ぶ教科書会社は少なくなっているように思います。
なぜなんでしょうかね。
一部には、宗教の多様化から、般若心経を書くことに対し拒否感を持つ生徒が増えたとか、墓誌銘のような整斉な楷書に対して、現代の子どもたちは関心が薄くなった…などという声もあります。
写経が静かなブームと言われて久しいですが、高校書道教育においてはそれが当てはまらないようなんです。
ある高校で、1年生を対象に、「唐の四大家の中で、誰の書が好きか」というアンケートを実施したところ、「顔真卿の書が一番好き」と回答する生徒が最も多かったという結果が出たそうです。
隋唐の整斉な楷書への興味・関心が薄れているという事実が浮き彫りなったと言っても過言ではないと思います。
そんな中で、当社は、細楷の古典として「楷書前後出師表巻」を選び、掲載しました。
現場でどのように受け止められているか、未だ検証しておりませんので何とも言えませんが、皆さんはこの書をどうお感じになられるでしょうか。

なんか自分にも書けそう。
ゆるい感じがして、とっつきやすいかも。
諸葛孔明の出師表なら三国志を読んで知ってるから、ちょっと書いてみたい。

どんな書なのか見てみたいと思いませんか?
11月3日(月)までの陳列です。
ぜひ上野の東京国立博物館東洋館へお出かけください。

東京国立博物館 東洋館第8室 特集陳列 中国書画精華
後期:2008/10/7(火)~11/3(月・祝)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日
入館料 一般600(500)円 大学生400(300)円 ※( ) 内は20名以上の団体料金。
※高校生以下と満70歳以上の方は、平常展については無料。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)を要提示。
〒110-8712 
東京都台東区上野公園13-9
TEL 03-3822-1111(代表)
利用案内や展示・催しに関する問い合わせは
ハローダイヤル03-5777-8600へ
[PR]
by sho-editor | 2008-10-30 11:35 | 教科書
神田古本まつり
b0141827_16191536.jpg今年も神田神保町にて、古本まつりが始まりました。
昨年までは、飯田橋の会社から近かったので、何度となく足を運びました。
今年は、会社が池袋に移転してしまったため、ちょっと神保町へは足が遠のいていましたが、せっかくの古本まつりなので、行ってきました。

仕事で必要な本が無いかしらと、あちこち探しまわり、とりあえず1冊見つかったので購入しました。
昭和55年発行という少々古い本で、2500円でした。
いいお値段ですよね。
内容の方は、これからじっくり読んでみたいと思います。

「神田古本まつり」
は、11月3日まで開催されています。
掘り出し物に出合えるかもしれませんので、ぜひお出かけください。

第49回「東京名物 神田古本まつり」
【開催期間】 2008年10月27日(月)~ 2008年11月3日(月)
【会   場】 神田神保町古書店街 じんぼうエリア
【主   催】 千代田区・神田古書店連盟
【参加規模】 参加店 約100店舗  出品点数 のべ100万冊余
◆青空掘り出し市 一年一度100万冊の大バーゲン!
 ◇会 期 :2008年10月27日(月)~2008年11月3日(月)
 ◇時 間 :午前10時~午後7時(雨天中止・最終日午後6時まで)
 ◇会 場 :神田神保町古書店街 じんぼうエリア(靖国通り沿い・千代田区神田神保町交差点他)
◆特選古書即売展 稀書・珍本・良書がいっぱい!
 ◇会 期 :2008年10月31日(金)~2008年11月2日(日)
 ◇時 間 :午前10時~午後6時(最終日午後5時まで)
 ◇会 場 :東京古書会館 地下ホール(千代田区神田小川町3-22)
[PR]
by sho-editor | 2008-10-28 16:40 |
ブックディレクターという仕事
皆さんは、ブックディレクターという職業をご存知ですか?
私は昨晩、「情熱大陸」という番組で知りました。
古今東西星の数ほどある出版物の中から、特定のテーマに沿った本を選び本棚に並べるのが、ブックディレクターの仕事だそうです。
わかりやすく言うと、「本棚編集者」ですね。
昨日の主人公幅允孝氏が創り出し、ビジネスとして成立させた職業です。
彼が並べる本は、当然ながら、全て読破済みのものだそうです。
さまざまな分野、さまざまな言語の本を相当数読んで、中身を理解し、
それを頭の中で分類整理して、仕事の依頼が来たら、テーマに合わせてサッと提示する。
本が大好きで仕方がない人なんでしょうね。
自分の創った本棚は作品ですか?と聞かれて、
「いいえ。ただ、こんなにいい本が世の中にたくさんあるんだから、
一人でも多くの人に読んでもらいたくてやっているだけです。」
と返した言葉が、とても印象的でした。
実は彼、中学の後輩です。
歳は離れてますが。
おもしろい後輩がいるもんだなぁ…。

彼が番組で紹介していた
『月曜日から一週間、頑張っていくための3冊』の内の1冊を紹介します。

b0141827_16472792.jpgさっそく読みたいと思います。
[PR]
by sho-editor | 2008-10-20 16:53 |
モノをいう落款
今日は久しぶりに本の紹介をしたいと思います。
8月に二玄社より発刊された、「モノをいう落款」という本です。b0141827_1032353.jpg
著者は、浅草生まれのバリバリの江戸っ子、北川博邦先生です。
北川先生は現在、國學院大学で教鞭をとられていますが、15年ほど前までは、文部省の国語科書写・芸術科書道教科書調査官でいらっしゃいました。
その頃私はまだモヤモヤしたヒヨッ子社会人で、教育図書とも出会っていません。
もしここに居たら、教科書検定で北川先生にメッタ打ちにされ、こんなのほほんと仕事してられなかったんでは…と思います。
それほど、恐くて緊張する存在です。



さて、書や篆刻をやっていて、特に展覧会に出品する際に悩むのは、①題材(詩句・印文)、②落款ではないでしょうか。
私はそうです。
自詠の漢詩や詩句などを題材にし、気の利いた落款の一つも入れられればと思いますが、全く実現しません…。
「落款の上手なまとめ方」というような、章法について記した本はいくつか出ていると思いますが、「落款に何を書けばよいか」ということについて詳しく記した本は、これまでほとんど無かったのではないかと思います。
署名だけではあまりに寂しい…。でも、他に何を書けばいいかわからない…。
そんな方はぜひ、この「モノをいう落款」をお読みください。
号を付けるのに困っている人も必読です。
落款まわりのありとあらゆる事柄について、「これだけは知ってないと恥ずかしい」ということを、北川先生が懇切丁寧に教えてくれます。

「モノをいう落款」
【目次】
◇落款の基礎知識
・落款とは何か
落款の語源/落款の始原/落款を書くための参考書
・落款を書く前に
姓名字號について(姓名/字/號)
字號をつける
字のつけ方/號のつけ方/託身の號/寄意の號
・落款印
姓名印/字印/別號印/引首印・押脚印/印の用い方/印色
◇落款の書き方《基礎》
単款と雙款/単款(記念・記時・場処・題材・年齢)
雙款
◇落款の書き方《応用》
用具・用材/所出/酒/文字/臨/情況
/体調/祝賀
◇閑章の印文:
詩句成語の印文/姓名字號に因む印文

北川 博邦(きたがわ ひろくに)
昭和14年東京浅草に生まれる。國學院大学大学院博士課程日本史学専攻終了。
文部省初等中等教育局教科書調査官(国語科書写・芸術科書道担当)を経て、國學院大学文学部日本文学科教授。日本篆刻社を創辨、『篆刻』雑誌を編輯刊行。
著書に、『清人篆隷字彙』(雄山閣出版)、『日本名跡大字典』(角川書店)、『墨場必携日本漢詩選』(二玄社)、『印を讀む』(東京堂出版)他がある。
[PR]
by sho-editor | 2008-10-15 10:02 |
台湾にて
台湾は、ご存知の方も多いと思いますが、繁体字(正字体)の国です。
中国の文字は簡体字なので、町中の看板や標識は日本人には読めないものばかりですが、
台湾の町中のものは多少読めるので、なんだかホッとします。書や篆刻をやっていると、旧字体を目にしたり使用する機会が比較的多いので、なおさらです。
迪化街という街を散策中、こんなお店を発見。
b0141827_1131070.jpg

何のお店なのか、必至に考えました。
「冰」は氷のことだな…。
「露」って何だろ?
「杏仁」とあるから、杏仁豆腐に氷をかけたものかなぁ。
ま、デザートには違いないだろう。
時間が無くて、結局これを食べる事はできなかったんですが、
帰国後調べてみたら、やはり、「杏仁露」は杏仁豆腐、「緑豆露」・「紅豆露」は緑豆・小豆を煮たもの、それぞれにかき氷をかけたデザートでした。
ぜひ食べてみたかった…。
[PR]
by sho-editor | 2008-10-09 11:49 | 書教育
台湾第二日目 ー國立故宮博物院ー
第二日目。
松江路という台北の中心街近くのホテルから、北東へタクシーで約20分、士林区外双渓というところに國立故宮博物院はありました。この付近は高級住宅街だそうです。
b0141827_10472617.jpg

ご存知のとおり、故宮博物院は、北京の紫禁城宮殿内で、清朝が持っていた美術品などを一般に公開したのが始まりです。
その後、蒋介石の中華民国政府(国民政府)が、重要文物を戦火から守るべく上海経由で南京に運び、市内に所蔵倉庫を建てて故宮博物院南京分院を設立しました。
しかし、そこにも戦火が及ぶこととなったため、所蔵品は四川省の巴県、峨嵋山、楽山の三箇所に避難させられました。
そして第二次世界大戦後、所蔵品は南京・北京に戻されましたが、内戦が激化するにつれ、中華民国政府の形勢が不利になった為、1948年秋、中華民国政府は故宮博物院から2,972箱に及ぶ所蔵品を精選し台北へと運びました。これにより誕生したのが台北の國立故宮博物院で、現在、世界四大博物館のひとつに数えられています。
故宮博物院の所蔵品は、現在北京と台北の二箇所に別れて展示されていますが、一部は、中華人民共和国建国後の混乱のため北京に戻すことができず、南京博物院管轄の下、南京に保管されています。
なお、瀋陽の故宮博物院には、主に後金・清時代の文物・美術品が展示されています。

昨年リニューアルオープンした台北國立故宮博物院では、3カ月に1回の割合で展示品の入れ替えがありますが、膨大な所蔵量の為、全ての所蔵品を見るためには約8年かかると言われています。
現在、機能分散化のため、台湾南部の嘉義県太保にアジア文化をテーマとした南部院区が設立され、2011年より使用が始まる予定とのことです。

前置きはこのぐらいにして。
この日は日曜日だったため、ロビーは観光客と課外活動らしき学生さん達でごったがえしてました。
展示室は、順路に従って進む形式ではなく、テーマ毎の小部屋を自由に見て回るという形式だったため、混雑する館内は人の流れが一定方向でなく、ラッシュ時の駅のようです。廊下や踊り場など、パブリックスペースが広くとってあるので、かなりゆったりとした感じですが、休日はいつも混雑しているようです。団体の学生や教員に無料開放されているためだと思われます。
b0141827_117073.jpg

本物の白菜そっくりの「翠玉白菜」や、これまた東坡肉(豚の角煮)そっくりの「肉形石」の展示室は、押すな押すなの大混雑でした。また、ガイドさんに説明してもらいながら回っている少人数のグループがほとんどでしたので、館内のあちこちでガイドさんの声が重なり、かなり騒々しかったです。平日はもう少し静かだと思いますので、できれば平日に行くことをお勧めします。
さて、今回の訪台最大の目的は、ここ故宮で「晋唐法書名蹟」展を鑑賞することでした。パンフレットはこんな感じです。
b0141827_1015632.jpg

教科書掲載の名跡が目白押しです。
この展示室、比較的空いてました。
「快雪時晴帖」、思ったより小さい気がしました。道風の「屏風土代」にちょっと似てるかも…なんて。いや、あちらが似てるんでした。
「遠宦帖」、快雪時晴帖より迫力があって、個人的には好きです。
「祭姪文稿」、生々しくてよかったです。中盤以降が特に。
「書譜」、全部広げられてました。圧巻でした。
「自叙帖」、やはり、冒頭数行とそれ以降の書風、違いますね。

部屋を移動して、常設展スペースへ。
山のような展示品の中から、「毛公鼎」「散氏盤」をじっくり観察。
いずれも大器ですね。
毛公鼎の銘文、美しい曲線を描き、絶妙の字間・行間で、おもわずうっとり。青銅器をうっとり眺めるなんて、完全にオタクです。
散氏盤、先般「書Ⅲ」の教科書に掲載したばかり。松丸道雄先生のところで拝見した拓が思った以上に大きかったので、実物の散氏盤、かなり大きいと予想はしてましたが、これほどまでとは…。口径54.6cmです。
青銅器の展示スペースとは別に、青銅器の製作工程をCG映像で再現したものを流している部屋があり、思わず見入ってしまいました。また、ガラスケースの中には、その方法で実際に制作した青銅器が飾られており、たいへんわかりやすい展示だと感じました。
日本でも、青銅器を所蔵している台東区立書道博物館あたりでこのような解説をしていただけたら、金文に興味を持つ人が増えるかな…と思いました。
書、金石関係の展示品の他、翠玉白菜、肉形石などの珍玩品、陶磁器、絵画などを、人混みをかき分け汗だくになりながら必至に見て回り、約3時間後、地下のミュージアムショップで買い物をして、ホテルへ戻りました。
これだけの書が常に見られるわけではないということなので、今回は結構ラッキーだったと思います。
ただ、次回はぜひ、平日に行きたいと思いました。
皆さんも、可能ならば平日にお出かけください。

國立故宮博物院
9:00~17:00 
毎週土曜日夜間開院17:00~20:30(夜間開院時間の観覧は無料)
年中無休
入館料:一般160NTD(10人以上の団体 1人120NTD) 国外学生80NTD(要証明書)
台北市士林区至善路二段221号
TEL.+886-2-2881-2021
[PR]
by sho-editor | 2008-10-08 14:27 | 展覧会
台湾第一日目 ー中央研究院(台北)ー
10月4日午後2時30分、台湾到着。天気は快晴。
台湾桃園國際空港からそのまま「中央研究院 歴史語言研究所」へ。

中央研究院とは、中華民国(台湾)の最高学術研究機関で、1928年6月9日南京に設立されたのが前身だそうです。
空港からタクシーで30分ほど、台北市の中心部からでもタクシーで20〜30分ほどの郊外にあります。
b0141827_10414683.jpg

敷地が広いため迷ってしまい、歩き回ること10分、ようやく目当ての「歴史文物陳列館」が見えてきました。
b0141827_1131869.jpg
改装したばかりらしく、陳列室は、現代的でスタイリッシュな感じでした。
1階には、甲骨文や青銅器などの考古物が時代の古い順に並んでいます。
b0141827_11413347.jpg

写真撮影については対応がまちまちで、フラッシュをたかなければOKという職員もいれば、
撮影禁止と言う職員もいて、来館者はその度???という感じでした。
いずれにせよ、全体的に照明が暗いため、鮮明な写真を撮るのは難しいと思います。

2階に上がると、木簡が並んでいました。
目当ての居延漢簡(永元器物簿)。
b0141827_11533795.jpg

墨が黒々としていました。
全部の木片が平らな状態ではなく、反って変型している片もいくつかありました。
時間とともに反ってしまったんでしょうね…なんて考えながら、端から端まで見てきました。
この階には他に、西狭頌、石門頌、爨宝子碑、顔氏家廟碑など、多数の全拓が展示されていました。私たちの他にも、日本から団体で見学に来ていた方々がいて、拓本の前は黒山のひとだかりでした。
1時間ほどの見学でしたが、見たかった居延漢簡が見られたので満足して館を後にしました。
二日目は、いよいよ台北故宮博物院です。
その模様は、明日ということで。

中央研究院の歴史文物陳列館は、常時開館しているわけではありませんので、開館曜日を確認の上お出かけください。

中央研究院 歴史語言研究所 歴史文物陳列館
開館日 毎週水曜日、土曜日の9:30~16:30(国定休日と選挙日の場合は休館)
参観料 無料
台北市11529南港区研究院路二段130号
E-mail:museum@asihp.net
TEL:+886-2-2652-3180
FAX:+886-2-2786-8834
バス:212、276、645、306、小5、指6にて「中央研究院」下車。
   205、270、620、306、645、小1、小12、藍25、にて「胡適公園」下車。
MRT:板南線「昆陽站」下車後、バス212、270、藍25に乗り換え。
電車:「南港站」(南港路)下車後、バス276、205、270、306に乗り換え。
   「南港站」(忠孝東路)下車後、バス270、212、藍25に乗り換え。
[PR]
by sho-editor | 2008-10-07 12:02 | 展覧会
台湾へ
明日から月曜日まで、篆刻の師匠たちと一緒に台湾へ行ってきます。
こんな仕事をしている身なのに、初台湾です。
故宮博物院や、運がよければ中央研究院にも行けるということで、正直ウハウハです。
故宮博物院の入館料、現在160NT$(約610円)で、2007年2月に改装する前は、
100NT$(約380円)だったそうです。
安かったんですねぇ。
ちょっと残念なのは、以前はOKだった写真撮影が禁止になってしまったことです。
ほんと残念。
噂では、書譜や快雪時晴帖が見られるのでは…と。
確かめて参ります。

国立故宮博物院
9:00~20:30(17:00以降入場無料)
休館日 なし
入館料:一般160NT$(約610円) 学生80NT$(約305円)
台北市士林区至善路2段221号
TEL:+886-2-2881-2021
[PR]
by sho-editor | 2008-10-03 12:18 | 書教育
禅・茶・花 ー正木美術館40周年特別記念展ー
またまた久しぶりの更新です。
芸術の秋です。
いろいろ情報を蓄え、皆様にお知らせしたていきたいと思います。
今日は、東京美術倶楽部で開催されている「禅・茶・花」展のご紹介です。
昭和43年開館の正木美術館(大阪)が、開館40周年を記念し、正木コレクションの全貌を館外で本格的に紹介する初めての展覧会を、東京で開催しています。
雪舟「山水図」をはじめとする国宝・重要文化財他、コレクションの主軸である水墨画・墨蹟等、選りすぐりの名品約70点が展示されているそうです。
私も、近日中に見に行きたいと思います。
「禅・茶・花」の世界と「書」が、どんな関係にあったのかを知ることができたら…と思っています。

ー正木美術館40周年特別記念展ー「禅・茶・花」 
2008/9/23(火・祝)~10/12(日)※会期中無休
10:00~18:00(入場は17:30まで)
会場:東京美術倶楽部
〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15
TEL. 03-3432-0191 FAX.03-3431-7606
都営地下鉄三田線「御成門駅」A4出口より徒歩2分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」A4出口より徒歩5分
入場料:一般1200円 大高中生800円 ※小学生以下は無料
[PR]
by sho-editor | 2008-10-02 09:45 | 展覧会