教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノをいう落款
今日は久しぶりに本の紹介をしたいと思います。
8月に二玄社より発刊された、「モノをいう落款」という本です。b0141827_1032353.jpg
著者は、浅草生まれのバリバリの江戸っ子、北川博邦先生です。
北川先生は現在、國學院大学で教鞭をとられていますが、15年ほど前までは、文部省の国語科書写・芸術科書道教科書調査官でいらっしゃいました。
その頃私はまだモヤモヤしたヒヨッ子社会人で、教育図書とも出会っていません。
もしここに居たら、教科書検定で北川先生にメッタ打ちにされ、こんなのほほんと仕事してられなかったんでは…と思います。
それほど、恐くて緊張する存在です。



さて、書や篆刻をやっていて、特に展覧会に出品する際に悩むのは、①題材(詩句・印文)、②落款ではないでしょうか。
私はそうです。
自詠の漢詩や詩句などを題材にし、気の利いた落款の一つも入れられればと思いますが、全く実現しません…。
「落款の上手なまとめ方」というような、章法について記した本はいくつか出ていると思いますが、「落款に何を書けばよいか」ということについて詳しく記した本は、これまでほとんど無かったのではないかと思います。
署名だけではあまりに寂しい…。でも、他に何を書けばいいかわからない…。
そんな方はぜひ、この「モノをいう落款」をお読みください。
号を付けるのに困っている人も必読です。
落款まわりのありとあらゆる事柄について、「これだけは知ってないと恥ずかしい」ということを、北川先生が懇切丁寧に教えてくれます。

「モノをいう落款」
【目次】
◇落款の基礎知識
・落款とは何か
落款の語源/落款の始原/落款を書くための参考書
・落款を書く前に
姓名字號について(姓名/字/號)
字號をつける
字のつけ方/號のつけ方/託身の號/寄意の號
・落款印
姓名印/字印/別號印/引首印・押脚印/印の用い方/印色
◇落款の書き方《基礎》
単款と雙款/単款(記念・記時・場処・題材・年齢)
雙款
◇落款の書き方《応用》
用具・用材/所出/酒/文字/臨/情況
/体調/祝賀
◇閑章の印文:
詩句成語の印文/姓名字號に因む印文

北川 博邦(きたがわ ひろくに)
昭和14年東京浅草に生まれる。國學院大学大学院博士課程日本史学専攻終了。
文部省初等中等教育局教科書調査官(国語科書写・芸術科書道担当)を経て、國學院大学文学部日本文学科教授。日本篆刻社を創辨、『篆刻』雑誌を編輯刊行。
著書に、『清人篆隷字彙』(雄山閣出版)、『日本名跡大字典』(角川書店)、『墨場必携日本漢詩選』(二玄社)、『印を讀む』(東京堂出版)他がある。
[PR]
by sho-editor | 2008-10-15 10:02 |
<< ブックディレクターという仕事 台湾にて >>