教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体

展覧会
教科書
書教育
日々のこと
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
台湾第一日目 ー中央研究院(台北)ー
10月4日午後2時30分、台湾到着。天気は快晴。
台湾桃園國際空港からそのまま「中央研究院 歴史語言研究所」へ。

中央研究院とは、中華民国(台湾)の最高学術研究機関で、1928年6月9日南京に設立されたのが前身だそうです。
空港からタクシーで30分ほど、台北市の中心部からでもタクシーで20〜30分ほどの郊外にあります。
b0141827_10414683.jpg

敷地が広いため迷ってしまい、歩き回ること10分、ようやく目当ての「歴史文物陳列館」が見えてきました。
b0141827_1131869.jpg
改装したばかりらしく、陳列室は、現代的でスタイリッシュな感じでした。
1階には、甲骨文や青銅器などの考古物が時代の古い順に並んでいます。
b0141827_11413347.jpg

写真撮影については対応がまちまちで、フラッシュをたかなければOKという職員もいれば、
撮影禁止と言う職員もいて、来館者はその度???という感じでした。
いずれにせよ、全体的に照明が暗いため、鮮明な写真を撮るのは難しいと思います。

2階に上がると、木簡が並んでいました。
目当ての居延漢簡(永元器物簿)。
b0141827_11533795.jpg

墨が黒々としていました。
全部の木片が平らな状態ではなく、反って変型している片もいくつかありました。
時間とともに反ってしまったんでしょうね…なんて考えながら、端から端まで見てきました。
この階には他に、西狭頌、石門頌、爨宝子碑、顔氏家廟碑など、多数の全拓が展示されていました。私たちの他にも、日本から団体で見学に来ていた方々がいて、拓本の前は黒山のひとだかりでした。
1時間ほどの見学でしたが、見たかった居延漢簡が見られたので満足して館を後にしました。
二日目は、いよいよ台北故宮博物院です。
その模様は、明日ということで。

中央研究院の歴史文物陳列館は、常時開館しているわけではありませんので、開館曜日を確認の上お出かけください。

中央研究院 歴史語言研究所 歴史文物陳列館
開館日 毎週水曜日、土曜日の9:30~16:30(国定休日と選挙日の場合は休館)
参観料 無料
台北市11529南港区研究院路二段130号
E-mail:museum@asihp.net
TEL:+886-2-2652-3180
FAX:+886-2-2786-8834
バス:212、276、645、306、小5、指6にて「中央研究院」下車。
   205、270、620、306、645、小1、小12、藍25、にて「胡適公園」下車。
MRT:板南線「昆陽站」下車後、バス212、270、藍25に乗り換え。
電車:「南港站」(南港路)下車後、バス276、205、270、306に乗り換え。
   「南港站」(忠孝東路)下車後、バス270、212、藍25に乗り換え。
[PR]
by sho-editor | 2008-10-07 12:02 | 展覧会
<< 台湾第二日目 ー國立故宮博物院ー 台湾へ >>