教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
篆刻家 松丸東魚の全貌  ー第61回毎日書道展特別展示ー
「篆刻家 松丸東魚の全貌 -捜秦摹(モ)漢の生涯-」展が、いよいよ7月8日から国立新美術館(東京・六本木)で始まります。
一昨年の「生誕100年記念 今に生きる 金子鴎亭の書」展、昨年の「春敬の眼―珠玉の飯島春敬コレクション―」展に続く毎日書道展特別展示第3弾です。
篆刻家の展覧会としては最大規模で、約900平方メートルの展示室に5部構成で多角的に展示されるそうです。
国立新美術館で、1人の篆刻家の展覧会が開かれるなんて、ほんとに夢のような話です。
「捜秦摹漢」というのは、東魚先生の造語であろうとある先生からお聞きしましたが、
篆刻や書の師を持たず、秦漢古印の摹刻を中心に独学した東魚先生の篆刻家人生そのものを表していて、背筋がピッと伸びるような、そんな緊張感さえ感じるすごい言葉です。
關正人先生から時々伺う「松丸東魚」像そのままという感じです。

今回の展覧会、空前絶後ともいえる刻印、摹古印から木活字、刊行物、工芸品、愛用した品々など1000点を超える多彩な展示品により、東魚先生の人物像と深淵なる篆刻の世界を理解し、また篆刻の新たな可能性について考えることができるのではないでしょうか。
消しゴムはんこには興味があるけど篆刻は敷居が高いと思っておられる皆さんも、ぜひ一度足をお運びください。真の篆刻家の生き様を知る、またとないチャンスです。


松丸東魚(まつまる とうぎょ)
1901年、東京・日本橋の魚問屋「山助」の五男として生まれる。本名は長三郎。
20代半ばから篆刻に親しみ、32歳の時、家業の魚問屋を廃業して篆刻家として独立。
師を持たず、秦漢古印の摹刻を中心に独学する。
39歳、東方書道展の最高賞、特別賞に輝き、その後毎日書道展、日展を舞台に活躍した。
1936年、知丈印社を設立して後進の育成に尽力、また、篆刻の振興を目的として白紅社を創設し、印譜など約60点を出版した。
日展評議員、毎日書道展諮問委員などを歴任。1975年、73歳で歿。


篆刻家 松丸東魚の全貌 -捜秦摹漢の生涯-
国立新美術館
2009/7/8(水)~8/2(日)
10:00~18:00(火曜日休館 毎週水曜日は13:00開場 入場は17:30まで) 
入場料 一般700円、大学生400円。高校生以下無料。 ※毎日書道展入場券で参観できます。
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
[PR]
by sho-editor | 2009-06-30 11:58 | 展覧会
<< 祝初日 「松丸東魚の全貌」展 大学入試の答案を、なんと甲骨文字で! >>