教育図書の教科書編集者が、書の魅力を少しでも多くのみなさんに。
by sho-editor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
NHK「美の壺 File116 かな文字」ご覧になりましたか?
昨晩23時14分。携帯にメールの着信音が。
誰だろう?と思いながら画面を見ると、

な、 なんと土橋靖子先生。

正座し急いでメールを開くとそこには、

「大変遅くにスミマセン。先週NHK「美の壺」ご覧下さいました?」

との文字が…。

え゛え゛え゛ーーっ

大変遅くなんかありません。
ゼンっゼン宵の口です23時なんてハハハ。
しかも、

美の壺、見てません。

全くご覧になっていません。

ああぁ、先生すみません…。

急ぎネットで確認すると、当社の教科書監修者である
名児耶明先生と土橋先生が、

ダブル出演 しておられるではないですか。

何たる失態…。

あ、でも、再放送、この後0時45分からだ。
土橋先生、再放送の前にわざわざお知らせくださったんですね(じーん)。
大変お忙しい身なのに、私ごときにメールしてくださるなんて…。

というわけで、無事番組拝見することができました。 

ホッ…。

内容はといいますと、
名児耶先生が、
「文字を読むのではなく、一枚の絵を見るようにかなを楽しみましょう。」
とナビゲートし、土橋先生が、
光源氏と恋人たちの恋文のやりとりを、心の世界にまで踏み込み、
確かな技術でわかりやすく美しく表現されていました。
これは見逃してはいけない番組でした。
改めて土橋先生に感謝です。

すでに再放送も終わってしまいましたので、見逃された方は、
番組ホームページのバックナンバーでサムネイルをご覧いただくか、
DVD化されるのを待つしかないですね。
とりあえず内容を知りたいという方は、下記サイトをご覧ください。

「美の壺」 File116かな文字
http://www.nhk.or.jp/tsubo/arc-20090130.html
[PR]
by sho-editor | 2009-02-06 13:25 | 日々のこと
<< 筆づくりフォーラム in Tokyo 辻元大雲先生個展 -四季の抒情- >>